メトロノームのリズムに合わせ発話力をトレーニング メトロラーニング(Metrolearning)

発話力を鍛え、会話力を身につける

発音に自信がなくても安心

操作が簡単!先生の負担を軽減

子どもが夢中になれる

先生の会話力アップ

LCA国際小学校の外観

教育現場から生まれた「慣れる」英語教材

日本人の特質を理解し、メトロノームのリズムに乗って単語やフレーズを動きのあるイラストとともに学ぶ、英語に「慣れる」ためのドリルです。
メトロラーニングは、株式会社エデューレエルシーエー(以下(株)LCA)が運営する、LCA国際小学校(神奈川県相模原市)の教育現場から生まれました。
株式会社有隣堂が販売し、多くの小学校や幼稚園で採用されています。
※メトロラーニングは、(株)LCAの子会社である株式会社エデューレコミュニケーションズが出版しています。

TOKYO GLOVAL GATEWAY(東京英語村)のロゴマーク

(株)LCAは、TGG(東京英語村)のプログラム作成に深く関わっています。

News & Topics

  • 2018.08.30メトロラーニングのページをオープンしました。
  •  
  •  

もっと見る

小学校英語教材「メトロラーニング」なら

POINT1:級担任(HRT)が使いやすい

英語を専門としない学級担任(HRT)が使いやすく開発された英語教材です。
発音に自信がない学級担任(HRT)の先生でも安心して活用できる先生をサポートする電子教材です。
複雑な操作がなく、準備に時間がかかりませんので、5分の帯授業(モジュール)でも使える教材です。
テキストとの併用で、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能をバランスよく身に付けることができます。
メトロノームのリズムに合わせて学ぶので、子どもを飽きさせない英語教材です。

POINT2:発話することで子どもが伸びる

CDやDVDをただ観るのではなく同時に発話するから、英語を話す機会が飛躍的に高まります。
メトロノームのリズムに乗って、みんなで楽しく学習(コミュニケーション)出来るから、飽きがきません。
リズムの流れの中で会話するから、反射的に会話ができるようになります。
フレーズとして体で覚えるから、英語が長期的な記憶として身に付きやすくなります。
英語に慣れ、子ども同士で自然に会話ができるようになるための実践型ドリルです。

従来の英語教材 と 小学校英語教材「メトロラーニング」の違い

従来の英語教材の傾向

スピーキングモデルを聴いた後に発話、難易度の低い順に構成
  • 英語が一時的な記憶にとどまり、その場でしか会話できない
  • 教師がいないと発話できない
  • 教えるための説明型テキスト

メトロラーニングの特長

スピーキングモデルと同時に繰り返し発話、日常会話で役立つ順に構成
  • 英語が長期的記憶として身に付き、いつでも自然に会話できる
  • 子ども同士で発話できる
  • 慣れるための実践型ドリル

2018年の移行期間から、小学校英語教育が大きく変わる!

学習指導要領改定のポイント

今までの中学校からの英語教科が、2020年から小学5年生より教科化スタート。

小学校3・4年生では・・・

新導入! 聞く・話す 外国語活動(年間35単位時間

外国語に慣れ親しむこと、日本語と英語の違いに気づくことなど、「聞く」「話す」を通してコミュニケーションを図るための土台を育成する必要があります。

小学校5・6年生では・・・

教科として 聞く・話す・読む・書く 外国語科(年間70単位時間)

アルファベットや文字・単語などの認識、日本語と英語の音声の違いやそれぞれの特徴、語順の違い等の文構造への気づきなど、コミュニケーションを図る基礎を育成する必要があります。

教育課程の示し方の改善

「外国語によるコミュニケーション」を実践できる学習にするため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」の三つの資質・能力を確実に身に付けられるように改善・充実を図る必要があります。

設定されたコミュニケーションの目的・場面・状況への理解 → 目的に応じた情報や意見を発信するまでの方向性を決めて、コミュニケーションの見通しを立てる → 対話的な学びとなる目的達成のための具体的なコミュニケーションを行う → 言語面・内容面で自ら学習のまとめと振り返りを行う

設定されたコミュニケーションの目的・場面・状況への理解 → 目的に応じた情報や意見を発信するまでの方向性を決めて、コミュニケーションの見通しを立てる → 対話的な学びとなる目的達成のための具体的なコミュニケーションを行う → 言語面・内容面で自ら学習のまとめと振り返りを行う

上記のプロセスのように、学んだことの意味付けを行い、既に習得したの知識や経験と、新たに得られた知識を言語活動につなげることで、思考力・判断力・表現力等を高めることが大切になります。

言語活動を行う際は、具体的な課題を設定し、その目的を達成するために、必要な語彙や文法事項などの言語材料を取捨選択して活用できるようにすることが必要で、言語材料については、発達段階に応じて、子どもが受容するものと発信するものとがあることに留意して指導し、各学校段階等を通じて習得させていく過程が重要となります。

「主体的・対話的で深い学び」の実現

外国語教育では、質の高い学びに向け、学びの過程を相互に関連を図りつつ、改善・充実することが必要です。そのため、外国語によるコミュニケーションを通じ、自分の思いや考えが深まることを子ども自身が認識し、自信を持つことができるような学習活動を設けることが重要なポイントとなります。

主体的な学び の視点

コミュニケーションを行う目的・場面・状況等を明確に設定、学習の見通しを立てたり振り返ったりする場面を設けるとともに、発達の段階に応じて、身の回りのことから社会や世界との関わりを重視した題材を設定することが考えられます。

対話的な学び の視点

他者とのコミュニケーションの基盤を形成する観点を重視しつつ、コミュニケーションを行う目的・場面・状況に応じて、他者を尊重しながら対話が図られるような言語活動を行う学習場面を計画的に設けることなどが考えられます。

深い学び の視点

授業において、コミュニケーションを行う目的・場面・状況等に応じた言語活動を効果的に設計することが重要です。

小学校英語教材「メトロラーニング」を使う

メトロラーニングを使った学習風景 LCA国際小学校の授業風景

小学校英語教材「メトロラーニング」は、「聞く」「話す」に重きを置いた英語を使えるようにするための教材です。英語を何回も繰り返し声に出して言う機会を増やすために、ペアを作って練習できるように構成されています。

メトロノームを使って英語のリズムを身に付ける

メトロノームのリズムに乗って発音することで効果的に英語を身に付けることができます。
また、クラスで指導する際にはクラス全体がリズムに合わせて発音するので、一人一人の発音をチェックしやすくなります。
自分が話せる速さの英語は確実に聞き取れますので、メトロノームのリズムを速くすることでナチュラルスピードの英語も聞き取れるようになります。

実践的な英語力を身に付ける

学級担任(HRT)から“習う”

動機付けや簡単な説明、フォロー、まとめ等はテキストを用いて 学級担任(HRT)が行います。

繰り返し発声して“慣れる”

今までの学習に足りなかった“慣れる”部分をメトロノームのリズムを使って楽しく練習します。

外国語指導助手(ALT)と一緒に実際に“試す”

「学んだ英語が実際に通じた!」という体験から、もっと知りたい、もっと伝えたいという向上心につなげます。

レッスンの進め方

Step1 単語 ⇨ Step2 センテンス ⇨ Step3 Q&A

基礎

  1. ① 1つずつ発音確認
  2. ② 80bpmの速さで「聞く」連続再生
  3. ③ 80bpmの速さで一緒に音声を聞きながら「小さな声で言う」
  4. ④ 80bpmの速さで一緒に「ハッキリした声で言う」

応用

  1. ① 80bpmの速さで、クラス全体で音声を聞きながら小さい声、ハッキリした声で言ってみる
  2. ② グループワーク(クラスを2つのグループに分けて)
  3. ③ ペアワーク最終ゴール:テキストだけでも会話ができる
  4. ※80bpmの速さに慣れたら100bpmの速さで言ってみる

メトロラーニングの指導案をご用意しています。(詳しくは、お問い合わせください。)

メトロラーニングの指導案

よくあるご質問

  • 「メトロラーニング」は、45分の授業でも使えますか?

    はい、使えます。年間を通じて45分授業の中で実施している学校もあります。

  • 「メトロラーニング」は、5分の帯授業(モジュール)でも使えますか?

    はい、使えます。毎日朝の5分を使用して実施している学校もあり、毎日、英語を声に出すことは効果的です。準備に時間がかからないので、短時間授業での使用が可能です。

  • 「メトロラーニング」には、フラッシュカードはありますか?

    テキストやデジタル版のほか、連動したカードやポスターをご用意しています。

  • 英語の発音に自信がありませんが、授業ができますか?

    デジタル版には、ネイティブスピーカーの音声データを使用しています。CDやDVDとはちがい、画面にタッチするだけで音声データが再生され、先生の直感的操作で、授業展開が可能です。

  • どのテキストから始めればいいですか?

    「Red」版からの使用をお勧めしています。「メトロラーニング」は、会話に必要な単語やフレーズの順に構成されていますので、子ども同士の自然な会話がしやすくなっています。

  • フォニックスは、ありますか?

    「Violet」版は、フォニックスを使ったリーディング&ライティングの教材です。

  • 事前に研修は必要ですか?

    事前研修がなくてもお使いいただけます。研修が必要な際は、ご相談ください。

メトロラーニングのご紹介

進め方などに合わせた様々な形の教材をご用意!

全7冊シリーズ!学校の授業プログラムに合わせて1冊を単年で習得できるように構成されたテキスト教材

Metrolearning® Rainbow Books メトロラーニングレインボー ブックス

  • 対象:幼・小・中学生 ※幼稚園から大人まで幅広い層にもご利用いただけます
  • メトロラーニングデジタル版と連携
  • 各A4版20ページ/7トピックス
  • 全7冊セット(6冊+リーディング&ライティング教材)

※表紙画像をクリックするとサンプルページがご覧いただけます。

タイトル トピックス 単語数 価格
1 Red Book Red Bookの表紙 Colors, The Alphabet, Numbers 1-20, Fruits, Animals 1, Human Body 1, 7Days of the week 125 500円
2 Orange Book Orange Bookの表紙 The Alphabet, Colors&Shapes, Emotions, Action Verbs 1, Vegetables 1, Animals 2, Weather/Seasons 130 500円
3 Yellow Book Yellow Bookの表紙 Foods 1, My Classroom 1, Sports 1, Occupations, Vegetables 2, Toys, Months of the Year 119 500円
4 Green Book Green Bookの表紙 Numbers 1-100, Human Body 2, Foods 2, Sports 2, Vehicles, My Classroom 2, Calendar 234 500円
5 Blue Book Blue Bookの表紙 Kitchen Goods, Time, Sports 1 Ad., Action Verbs 1 Ad., Positions, Opposites 1, Appliances & Items 131 500円
6 Indigo Book Indigo Bookの表紙 Musical Instruments, Nature, Sports 2 Ad., Action Verbs 2 Ad., Have you ever been to ...?, Opposites 2, Insects & More 132 500円
★ Violet Book Violet Bookの表紙 リーディング&ライティング -フォニックスを使った学習- - 500円
  • ※Violet Bookは、リーディング&ライティング教材として1~6までの全巻と併用してお使いいただけます。
  • ※価格は予告なく変更する場合があります。詳細はお問い合わせください。
  • ※上記の単語数にはセンテンスで使用する疑問詞・前置詞などは含みません。 
  • ※Indigoの新出単語数は131となります。

メトロラーニングレインボー ブックスを全2冊にまとめたテキスト教材。※Violet Bookは除く

Metrolearning®Book1・Book2 メトロラーニング 1・2

  • 独自のペースで授業を進めたい教室に推奨
タイトル トピックス 単語数 価格
Metrolearning
Book1
Metrolearning Rainbow Books・Digital Red, Orange, Yellow の内容を収録 454 1,600円
Metrolearning
Book2
Metrolearning Rainbow Books・Digital Green, Blue, Indigo の内容を収録 497 1,600円

メトロラーニングレインボーブックスと連携した先生の発音をサポートする電子教材

Metrolearning®Rainbow Digital メトロラーニングレインボー デジタル

  • マルチデバイス、既存のブラウザで対応可能
  • メトロノーム機能搭載
  • ネイティブスピーカーによる音声データを使用
  • テキストとの併用で「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく習得
価格

オープン価格となります。
お得な全タイトルセット料金のほか、1タイトルごとの料金もご用意しています。

  • ※学校(園)単位(1年間)ごとの販売となります。
  • ※詳しくは、お問い合わせください。
動作環境
OS 推奨ブラウザ
Microsoft® Windows® 10/8.1/8/RT Edge・Firefox・Google Chrome™(Internet Explorer 非対応)
Mac OS X 10.10以降 Safari・Firefox・Google Chrome™
iOS※1 Safari(iOS版)・Google Chrome™
Android™※2 Google Chrome™
Chromebook(Chrome OS)※3 Google Chrome™
  1. ※1 iPad2以降
  2. ※2 Androidの対応バージョンについては、別途お問い合わせください。
  3. ※3 電子版・PC・タブレットでご利用ください。(スマートフォン非推奨)

メトロラーニング準拠のカードとポスターのセット

Metrolearning® Card&Poster メトロラーニング カード&ポスター セット

学校の教室での使用を想定し、カードとポスターがセットになっていますので、メトロラーニングと併用したティームティーチングに最適です。教材準備の手間をかけずに、すぐに授業がスタートできます。

  • メトロラーニングのイラストをそのまま使用
  • トピックスごとのセットで持ち運びに便利
  • 専用ケースで整理整頓が容易
タイトル セット内容 トピックス※1 価格
Metrolearning
Card & Poster
  1. ①Activity Cards(アクティビティカード)H95mm×W65mm:1単語2枚×単語数×5箱、キャラクター2枚×10種×1箱
  2. ②Flash Card(フラッシュCard)A4判:1語数×1枚
  3. ③Word Poster(ワードポスター)A1判:1トピック×1枚
Colors&Shapes, Fruits, Animals, Food1, Food2, Emotions, Sports 1/2, Action Verbs, Weather/Sesons, 7days of the Week/12Months, Occupations, Human Body, Toys, Vagetables1/2, Animals2, Insects & bMore, Nature, Opposites1/2, Human Body2, My Classroom, My Classroom2 オープン価格
  1. ※1 21トピックスから必要な1トピックをお選びいただきます。
  • ※トピックにより、内容物(枚数)が異なります。
Metrolearing® パンフレットダウンロード

パンフレットをダウンロードいただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

まずはお問い合わせください!オンラインでのお試し版や内容見本帳をご用意してます!!

以下必要事項をご入力の上、お気軽にお申込みください。

必須の付いた項目は必須入力となっておりますので、お手数ですがご入力の上確認画面へお進みください。

入力いただきました内容を以下に表示しています。
送信してもよろしければ「送信する」ボタンを、修正する場合は「修正する」ボタンをクリックしてください。

  1. ご入力
  2. 入力内容のご確認
  3. 送信完了
お名前必須
フリガナ必須
学校・会社・団体名
役職・所属部署
住所必須
郵便番号 - 住所自動入力
都道府県
市区町村
番地
ビル・マンション名
電話番号必須 - -
メールアドレス必須
回答方法のご指定
お問い合わせ内容必須

お客様の個人情報は、当社の「個人情報保護方針」に従い、適切に管理致します。
当社の「個人情報の取扱い」ならびに下記の利用目的にご同意のうえお送りください。

利用目的

  • お問い合わせに対するご連絡およびそれに伴う業務の履行など
  • 当社の事業に関するご案内
  • お客様に有用と思われる弊社取扱商品・催事等展示会・セミナー等のご案内・運営に関する業務
  • 集客に関する商圏分析

個人情報の開示・訂正・削除・利用停止に関するお問い合わせ窓口
株式会社有隣堂 官需営業部
個人情報 部門責任者: 部長
TEL: 045-825-5503(平日9:00~17:00)