動画で知るMetrolearning

Metrolearningの操作方法

最新動画

基本編

  • おやこで楽しもう!Metrolearning ® Digital

    2020.05.27

  • ランディとレイブンの一緒に学ぼう!

    2020.05.26

  • Randy and Raven’s Let’s Learn Metro Digital

    2020.05.26

応用編

  • 【Metrolearning©digital】Let’s Learn colors!!

    2020.05.20

Metrolearningデジタルを使ってみよう!

Metrolearningデジタル

メトロラーニングは7冊で構成されています。
まずは1冊目のREDを使ってみましょう。
REDをタップして開くと

  • ◆COLORS
  • ◆The Alphabet
  • ◆Numbers
  • ◆How many~?
  • ◆Fruits
  • ◆Animals 1
  • ◆Human Body
  • ◆7 Days of the Week

の8つのトピックが表れます。

幼稚園生以下のお子さまはColors を、小学生以上のお子さまは
ColorsとFruitsから始めてみましょう。
左側のイラストをタップすると発音が再生されます。

①発音をしっかり聴いて後に続いて発音してみましょう。

②出来るようになったら、画面右下のメトロノームの80を選択して、メトロノームのリズムをオンにし、▶を選んで連続再生にします。「Let’s say the words!」に続いて単語が表れます。
お手本と同時に発音してみましょう。

お手本と同じタイミングで言えるまで繰り返し練習しましょう。
1度にたくさんやるよりも毎日5~10分練習すると効果があります。

では、さっそく試してみましょう!!

Metrolearningの特徴

楽しく英語に慣れる

Metrolearning Rainbow Digitalは、子どもの興味や関心を引くような日常生活に関連したトピックスをデジタル教材では、画面に出てくる単語やセンテンスのイメージをただ観るのではなく、メトロノームのリズムに乗ってスピーキングモデルと同時に繰り返し発話するので、長期的な記憶として身に付きやすくなります。

みんなでアクションやジェスチャーを考え、体を動かしながら発話すれば、英語に慣れるだけでなく、楽しく英語が学べます。

また、対話文を多く含むので、グループやペアワークを取り入れた子ども同士の会話練習ができ、英語でのコミュニケーションを活発にします。

従来の英語教材 と 「メトロラーニング」の違い

従来の英語教材の傾向

スピーキングモデルを聴いた後に発話、文法的に教えやすい順に構成
  • 一時的な記憶にとどまり、その場でしか会話ができない
  • 教師がいないと発話できない受け身の学習
  • 教えるための説明型テキスト
  • 必要な文法を習うまで会話ができない

メトロラーニングの特長

スピーキングモデルと同時に繰り返し発話、日常会話で役立つ順に構成
  • 長期的記憶として、すぐに使える会話が身に付く
  • 子ども同士で発話できる自発的な学習
  • 慣れるための実践型ドリル
  • 習った初日から会話ができる

よくあるご質問

  • メトロラーニングデジタルは家でも使えますか?何から始めればよいですか?

    はい、ご家庭でも使っていただけるようになりました。まずはお子様と一緒に、Redから始めることをおすすめします。

  • メトローラーニングデジタルはどのように使えばいいですか?

    大切なのは3ステップです。 
    ①発音を確認しながらリピートします。 
    ②連続再生ボタンを押して、声を出さずにリズムを確認します。 
    ③音声と一緒に発話してください。最初は小さ目の声で、次ははっきりと声に出して練習してください。

  • メトロラーニングにはたくさん色がありよくわかりません。

    Red、Orange、Yellow、Green、Blue、Indigoの6色は、「Colors & Shapes」、「Emotions」、「Action Verbs」などそれぞれに違う7つトピックの単語、文章が練習できるようになっています。Violetは、LCAが独自で発案した「フォトフォニックス」、絵を使ったフォニックス学習です。

  • ミスタービーツってなんですか?

    Mr.Beatsとはデジタルで流れてくる音声のことです。ビーツさんと呼ぶことで親しみがわきます。Mr.Beatsと一緒に今日も発話してみましょう!

  • Mr.Beatsと上手に一緒に言えないのですが。

    はじめは言えなくても大丈夫です。あせらず、何度も何度も練習しましょう。だんだん一緒に言えるようになりますよ。

  • 時間がないのですが。

    メトロラーニングデジタルを導入している学校では、朝の帯時間5分利用して実施しているところもあります。ご家庭では、歯磨きの時間は連続再生を聞いてみたりなど、数分でもいいので取り入れてみてください。

  • メトロラーニングには教科書はありますか?

    はい、分冊と合本をご用意しています。デジタル版と同じように7色それぞれの分冊(レインボーブック)と、 Red, Orange, Yellowを一冊にまとめたMetrolearning Gold, Green, Blue, Indigoを一冊にまとめたMetrolearning Platinumがあります。フォトフォニックスのVioletは分冊のみです。 メトロラーニングデジタルで練習したら、教科書を使って指さし練習をしたり、ペアワークなどに利用したりできます。

  • メトロラーニングデジタルでの文章は自然ですか?

    この教材は、Yes/Noだけではなく、長い文章できちんと会話練習するために開発されました。 長い文章で言えることができれば、自然な会話の時に自分で短くして話したりなど、アレンジが出来る力もつくからです。

英語を身につけるには「習う」「慣れる」「試す」の3拍子が必要!

日本の学校では何年も英語を習ったはずなのに、なぜかほとんどの人が英語をしゃべることができません。不思議に思う人はいるでしょうけど、まあ、そういうものだろう、とあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか。

日本の英語教育が成果を出せない理由はさまざまありますが、最大の原因は「習う」ことばかりに重きを置いて、「慣れる」「試す」環境がまったくなかったからです。英語に「慣れる」ことについて、LCAでは「リズム」を活用することで大きな効果を得ています。それが「メトロラーニング」と呼んでいる、メトロノームを使ってリズムに合わせながら英語の発音を繰り返す方法です。メトロラーニングは、ランダムに絵と音が出るようにして、絵を見た瞬間にリズムに乗った英語が発音できる「慣れる」練習ができます。そして最後のステップ英語を「試す」こと。メトロラーニングで練習した英語を、通学されているLCA国際学園系列スクールでどんどん試してください。

このホームページでは、メトロラーニングを使用して、ご自宅で気軽に英語学習できるヒントやアイデアをご紹介していきます。英語ができなくても、発音に自信がなくても大丈夫!お子様と楽しくメトロラーニングで学ぶうちに、保護者のかたの発話量や会話力もどんどんアップしていきますよ。

皆様からのご質問や、使用してみたご意見やアドバイスなどもお待ちしております。お子様の発話力アップにメトロラーニングをぜひご活用ください。

株式会社エデューレエルシーエー代表取締役
LCA国際学園 学園長
株式会社TGG取締役

山口 紀生

Raz Kids

Raz Kids(ラズキッズ)とはアメリカの小学校をはじめ、世界中のインターナショナルスクール等で使われているオンライン型図書システムです。
29のレベルに分かれた800冊以上のデジタルブックを自由に多読することが出来ます。
本を「読む」だけではなく、「読み方の音声を聞く」「録音する」「クイズに答える」ことができるようになっています。
また、取り組んだ分だけスターポイントがたまり、自分のロボットアバターや宇宙船をカスタマイズすることが出来るので、お子様のやる気が出る楽しいシステムになっています。
より効果的に英語力を伸ばすために、LCA国際学園小学校・プリスクール、ウィークエンドプリスクール・小学校、TGGスクール by LCAでは、Metrolearningと併用してRaz Kidsを利用しています。

お問い合わせ

以下必要事項をご入力の上、お気軽にお申込みください。
必須の付いた項目は必須入力となっておりますので、お手数ですがご入力の上確認画面へお進みください。

入力いただきました内容を以下に表示しています。
送信してもよろしければ「送信する」ボタンを、修正する場合は「修正する」ボタンをクリックしてください。

  1. ご入力
  2. 入力内容のご確認
  3. 送信完了
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

お客様の個人情報は、当社の「個人情報保護方針」に従い、適切に管理致します。
当社の「個人情報の取り扱いについて」にご同意のうえお送りください。

Metrolearning Rainbow Digitalご利用上の注意

1. 動作環境

*Fireタブレットでのご利用はできません。

2.アカウントに関して

発行されたID・PASSは、発行時の状態のままご利用いただくようになっております。
iPhone・iPad (Safari)ご利用の場合、ID・PASS入力後アクセスが完了した状態で「ホーム画面に追加」をタップすることでホーム画面より直接アクセスできるようになります。
PCをお使いの場合、ブラウザ 「ブックマークに追加」をご利用ください。

3.端末からアクセスができない場合、以下のケースが想定されますので、ご確認ください。

  1. 通信手順が 「http://~~~」になっている。(正しくは https://~~)
  2. お手持ちの端末の設定が@以降のメトロドメインを拒否する設定になっている。
    または、ご利用のネットワークセキュリティーが拒否している。(設定を変更してください)
  3. キャッシュがたまりすぎている。(全て消去 または再起動してください。)
  4. 開いているタブが多数ある。(他のタブを閉じる またはブラウザを再起動してください。)
  5. ID・PASSを入力の際、余計なスペースが入力されていたり、大文字と小文字が入れ替わっていたりする。(入力しなおしてください。)
  6. 動作環境が適していない。(推奨ブラウザに変更してください。)
  7. 教育用端末などでセキュリティアプリが設定されている。(納品業者様に解除をご依頼ください。)

4.トラブルシューティング(動作の不具合)

  1. インターネットブラウザにて任意のウェブサイトにアクセスをするなどして、インターネットが正常に使用できているかご確認ください(そのほか電源を入れなおしてください。)
  2. 音が出ない場合、タブのミュート・端末サイレントモードに設定にされているか確認してください。
  3. インターネット回線の速度が遅い、またはPCスペックが低いため処理が間に合っていない場合、回線環境、PCスペックの見直しをご検討ください。
    (ご利用場所の移動、アクセスポイントの増設、設備の増強などを行ってください。)
  4. OSの更新がされていない。(最新版に更新してください。)